歯周病とは?
  歯周病の危険度チェック
  歯周病の進行状況
  歯周病治療の進め方
  定期健診
  むし歯危険度テスト
  フッ素の働き
  PTC


  歯の矯正について
   
 

 矯正治療とは?

フッ素は歯ブラシの届かない部分を強くする!
フッ素の働きとは?
・歯質の強化
  虫歯菌に負けない強い歯になります。
・再石灰化の促進
  むし歯の発生を防ぎます。
・初期う蝕の予防
  なりはじめのむし歯を予防します。
・抗酵素作用・抗菌作用
  虫歯菌のはたらきを弱くします。

大人のむし歯予防にも有効!
おとなでは歯肉退縮により露出した歯根面がむし歯になりやすい部分です。
高齢者では病気やお薬の影響で唾液の分泌量が減少することで、
さらにむし歯になるリスクが高まります。
年齢に関係なく、継続的なフッ素利用が必要と考えられます。

フッ素は自然界に存在する元素

フッ素は自然界に存在する元素のひとつです。
フッ素は体に必要な栄養素であり毎日の食べ物にも微量に含まれています。

・ビール0.8
・紅茶0.5〜1.0
・イワシ8〜19.2
・みそ0.9〜11.7
・大根0.7〜1.9
・緑茶(浸出液)0.1〜0.7
・りんご0.2〜0.8
・牛肉2.0
☆食物中に含まれるフッ素濃度(単位ppm)


フッ素の利用方法は?
フッ素イオン導入法

@薬液であるフッ化ナトリウム溶液をイオン導入装置を使い、フッ素とナトリウムとに電気分解します。

A単に塗るだけでは歯質に取り込まれにくいフッ素を一時的に人体をプラスの電位に変えて浸透しやすくさせます。

B歯質に取り込まれたフッ素はフルオロアパタイトを形成し虫歯を予防します。


●フッ素塗布法:プロフェッショナルケア
歯科医院・保健所で高濃度のフッ素を定期的に歯に塗布する方法です。

●フッ素洗口法:ホームケア
低濃度のフッ素の液体で1日1回うがいをする方法です。

●フッ素配合歯磨剤:ホームケア
普段の歯磨きにはフッ素配合歯磨剤がおすすめです。


   
     
 
Copyright (C) 2006 あさい歯科クリニック. All Rights Reserved.