歯周病とは?
  歯周病の危険度チェック
  歯周病の進行状況
  歯周病治療の進め方
  定期健診
  むし歯危険度テスト
  フッ素の働き
  PTC


  歯の矯正について
   
 

 虫歯危険度テスト(カリエスリスク)

むし歯になる「危険度」をカリエスリスクといい、1人1人原因や度合いが異なります。


唾液パワーのヒミツ
当医院では、カリエスリスクチェッカーを使って、あなたのお口の中の唾液について調べます。



衛生維持パワー
○唾液の分泌量が多いと、お口の中の衛生が保たれます。

再石灰化促進
○お口の中をむし歯になりやすい状態から、むし歯になりにくい状態へ変えてくれます。


再石灰化
唾液パワーにより、むし歯になりにくい状態のことをいいます。

脱灰
むし歯になりやすい状態のことをいいます。
むし歯菌がプラークと酸をつくり、歯の表面が溶け出しています。

唾液分泌量をチェック

お口の中を衛生的に保つ唾液の分泌量を確認します。

分泌量 お口の中の状態
5.0ml以上 多量 お口の中は新鮮な唾液により、常に健康な状態に保たれています。
3.5〜5.0ml未満 通常 お口の中は唾液で守られていますが、注意が必要です。
3.5ml未満 少量 お口の中は乾燥状態で、むし歯・口臭の危険性があります。

唾液の力(ph値)をチェック
唾液緩衝能(歯の表面が溶けやすい酸性状態から、溶けにくい中性状態へ戻す力)を測定します。

表示値(pH値) 判定結果(唾液の力)
pH5.8以上 ◎(強い)
pH4.8〜5.7 ○(普通)
pH4.8未満 △(弱い)


※唾液パワーは年齢や体調によって変わるので、定期的にチェックし、ご自分のお口の中の状態を知ることが大切です。

RDテスト
口の中のむし歯菌の数をレサズリンという指示薬の色の変化で、短時間(15分間培養)で調べるニュータイプのテストです。このテストによって口腔内の衛生状態を適確に知ることができます。



   
     
 
Copyright (C) 2006 あさい歯科クリニック. All Rights Reserved.