歯周病とは?
  歯周病の危険度チェック
  歯周病の進行状況
  歯周病治療の進め方
  定期健診
  むし歯危険度テスト
  フッ素の働き
  PTC


  歯の矯正について
   
 

 定期健診(メンテナンス)

すべての歯の治療が終わられた今のお口の状態が、
一番良い状態なのです。


しかし、日々のお手入れが今までと同じなら、また悪くなっては治療をするといった終わりのない繰り返しのスタートにすぎません。
一度治療した歯をまた治療しなくていいようにしたいとお思いの方は、スウェーデンでの事実にご注目ください。

歯の先進国であるスウェーデンでは20年以上前から定期的な歯のメインテナンスを国民に義務づけてきた結果(最低3ヶ月に1度は歯のメインテナンスを受けるという義務です)、
80歳で平均25本の歯が残っているという驚くべき成果が表れています。(義歯をいれる人は全人口のわずか1.7%です)
オランダでも同様な方法で80歳で25本の自分の歯を残すことを達成しています。

一方で、日本では痛くなった時に歯科医院に通うというスタイルの結果、
80歳でわずか4本の歯しか残っていないのが現状です。
この違いをあなたはどのようにお考えでしょうか?
あなたの健康とより快適な生活のために定期的なメインテナンスを受けない理由はないと思います。あなたが私の家族であったなら絶対にそうすると思います!



当医院の歯のクリーニングは、むし歯や歯周病の原因である細菌群を破壊し、歯ぐきの健康的な状態を維持することを目的としています。
この細菌群は、約3ヶ月程度でもとに戻る傾向があります。
そのため、細菌群が増加する前に、このクリーニングを定期的に行われないと歯周病は進行していき、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

メンテナンスメニュー

検査(歯、歯周病、むし歯、かみ合わせ)
レントゲン、口腔内写真撮影(必要に応じて)
歯石の除去
フッ素など薬物塗布
レーザーによるむし歯の測定
むし歯危険度テスト(カリエスリスク)
PTC(口腔内全体の器具、機械を使用した清掃)

レーザーによる虫歯の早期発見・予防管理

当院では、むし歯診断器「ダイアグノデント」を使い、
必要以上に歯を削らない予防的な治療を行っています。



歯の削りすぎは、歯を生涯、健康に保つためには良くありません。アメリカでは、10年以上も前から歯の表面を覆っているエナメル質を削り過ぎから守ろうという運動を歯科医師が提案しました。以前からむし歯の予防を重視している当院もダイアグノデントを使用し、可能な限り歯を削らない治療を行っています。

ダイアグノデントの数値について(当院での数値)
0〜14 進行性のむし歯はない。
5〜50 歯質が弱くなっている状態です。予防に力をいれましょう。
50〜80 むし歯の始まりです。場合によっては治療が必要です。
80以上 むし歯があります。場合によっては予防で管理ができますが、治療が必要です。


   
     
 
Copyright (C) 2006 あさい歯科クリニック. All Rights Reserved.