歯周病とは?
  歯周病の危険度チェック
  歯周病の進行状況
  歯周病治療の進め方
  定期健診
  むし歯危険度テスト
  フッ素の働き
  PTC


  歯の矯正について
   
 

 歯周病の進行状況。

健康な歯肉
健康な歯肉は引き締まり、弾力があるピンク色をしています。歯ブラシでこすったくらいでは出血することはありません。

歯肉炎
歯ぐきがはれて出血する状態です。放置しておくと、歯肉炎から歯周炎へと進行していきます。歯肉炎と歯周炎をあわせて歯周病といいます。

軽度歯周炎
歯ぐきがすいてきます。歯ぐきに刺激を与えると出血。歯周病は一気に進行せず、その人の健康状態によって静止期と活動期を繰り返し進行していきます。

中等度歯周炎
炎症による出血や膿が出てきます。口腔内は不衛生で歯石が沈着、歯周ポケットなどが形成されています。歯を支える骨が減少しています。

重度歯周炎
歯がグラグラしてきて噛むときに鈍い痛みが現れます。歯周ポケットの深さは6ミリ以上になり、ポケットの部分には潰瘍ができ、出血や膿が見られます。

歯の喪失
とうとう歯が抜けてしまいました。日本人の成人が歯を失う原因で一番多いのが歯周病です。


   
     
 
Copyright (C) 2006 あさい歯科クリニック. All Rights Reserved.